English
2019.03.20 Wednesday

心配しても・・・・・

昨日は老人ホームの叔母の訪問日でした。

楽しみに待っていてくれて、今回もマフラーを仕上げていました。

 

     

 

端を通すループも作ってあり、いつもいろいろ工夫をします。

 

何年もこのホームを訪ねていると自分の老後を考えさせられます。(充分もう老後ですが・・・・)

人の数だけ全部違う老後があるわけでこうしたいと思ってもその通りにはなりません。

考えた結果がいつも「今を楽しむことしかないか〜」ということで・・・・編み物になるのです。

 

 

生徒作品

 

    

 

   

 

 

 

  

 
 

 
 
 

2019.03.17 Sunday

早春のジャケット

三寒四温の言葉通り、昨日からまた急に寒くなりました。

暖かい春のジャケットを編みました。

 

     

 

60cm四方をもとに寸法を作り、裏には薄いキルト綿を張り裏を付けました。

ポケットを付けると便利なので、脇とじのところに作りました。

キルト綿は返し縫でニットに取り付けました。

 

       

 

 

前のファースナーを付けるのに、以前クラスの方からいただいたT社の針を使いました。

硬いファースナーと柔らかい毛糸をスイーっと通して気持ちよくとじ付けることができました。

日本の職人さんのすごさをこんなところでも感じました。

 

  T  

 

生徒作品

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.13 Wednesday

麻糸の鉢カバー

つやのある麻糸が少しだけ手に入りました。

早速、昨年の展示会にいただいた観葉植物のカバーを作りました。

 

      

 

 

     

 

全体は長編みですが、途中、方眼編みを入れそこに民族テープを通しポイントを作りました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 

 
 

2019.03.10 Sunday

けなげに咲き続けるトイレのバラ

昨年の暮れにトイレに飾ったべランダのミニバラ。

2か月たっても花だけは奇麗に咲き続けていました。

 

     

 

何だか可愛くてセーターに刺繍しました。

 

  まずセーターを編み、

 

 溶けるシートに下書きをし、

 

     

 

               完成

 

根が出ているようなので小さな鉢に植えてみましたが育つでしょうか?

 

 

2019.03.06 Wednesday

編み物は自由自在

以前編んだこのセーター1・2回着たらモールがあちこち飛び出してきました。

 

    

 

着られないことはないのですが、直しながら着るには疲れるので思い切ってバッグにしました。

 

    

 

 

アシスタントの熊谷さん、お父様にベストを編みました。でもお父様、袖が付いたのがいいとおっしゃるので袖を付けました。

 

    

 

これはちょっと技術がいりますが、このようにニットはいろいろ変身できます。

だから「編み物は楽しい!」のです。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 初めての作品

2019.03.03 Sunday

格子柄のニット

ニットで格子柄を作る方法はいろいろあります。

いろいろ試していきたいと、まず色をミックスすることで出来る格子柄セーターを作ってみました。

 

 

色は5色です。

全体を2本どりにすることでそれぞれの色を微妙にミックスします。

 

   

 

 

    

 

 

 

 

生徒作品

 

  

2019.02.27 Wednesday

ワンピースを着やすく

毎日暖かく重宝しているニットのワンピース。

着替える時、首の部分がきっちりしているので大変です。

 

     

 

改造しました。

 

   前襟ぐりにジグザグミシンを往復させ・・・

 

   そこに鋏を入れて切り・・・

 

   細編みで整えボタンのループを作りボタンを付けました。

 

   

 

これでゆったり着れます

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 

 

 

2019.02.24 Sunday

横編みのセータ   

以前段染の糸で横編みのセーターを作りました。

ちょっと細く見えることと体になじむので着ている感じがないほど着やすいです。

 

もう1枚編みました。

この前の編み込みの技法を使って縦模様(横編み)にしました。

 

   

 

        

 

 

 

 

生徒作品

 

   

U社のカーディガンにダーニング用の糸で編んだブレードを縁取りました。

 

 

          

2019.02.20 Wednesday

小さな作品ですが・・・・(叔母の作品)

毎月訪問するホームの叔母のところに昨日行ってきました。

とても91歳とは思えないほど元気ですが、さすがセーターは大変と、今回は指なし手袋が2枚仕上がっていました。

 

  

 

             

 

ホームの90歳を超えた二人の方に贈るそうです。

手の大きさが違うので、大きい方は4目多く編んだそうです。

 

指なし手袋は指を曲げた状態で手の甲を図り、その寸法に10cmのゲージをかけて作り始めます。

親指の位置で3cmほかの糸で編みその糸の初めに戻ってもう一度毛糸で編んでいきます。

後でその糸を抜き取り上下に分かれた目を拾ってぐるぐる親指分を編んでいきます。

 

編み物ができると楽しいことがいっぱい増えます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

                        京都より

2019.02.17 Sunday

スヌード

今年の冬は女性のみならず男性もスヌードが流行っています。

先日、男性が数十センチもあるようなスヌードをしていてびっくりしました。

暖かそうだったので私も負けずに作りました。

 

   

これは外側を、モールのかぎ針編みの玉編みで作り、内側は肌触りの良いフェイクファーをメリヤス編みで作りました。

 

 

    

 

            

 

こちらは細いモヘアを2重に編み、中に綿を入れ、ところどころ丸い玉をブドウのように作りました。

2枚とも輪にしなかったのは実際に着用するときに頭からかぶると髪の毛がぼさぼさになるのでボタンとブローチで止めるようにしました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

  ママとおそろいで

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others