English
2019.01.16 Wednesday

古いカシミアのセーターをバッグに

最初はピンクのカシミアセーター。

何年も着て、色あせてブルーに染め、刺繍をし、

でも縫い目が避けてきて…

 

でも捨てられなくてバッグにしました。

 

      

 

 

      

 

        

 

防水してある裏布を付けて・・・エクササイズ用のバッグになりました。

 

 

  

生徒作品

 

  

   リバーシブルです。

2019.01.13 Sunday

アイロンで縮む糸を使って

 

アイロンの蒸気で縮む糸が手に入りました。

 

   

 

 

縮む糸を使用するとき大切なことは、しっかり蒸気アイロンをかけてから目数を数えることです。

縮むと数えにくくなるのでに決まった目数、段数に印を入れておくとよいです。

 

出来上がった状態です。(まだアイロンをかけていません)

 

   

 

 

蒸気アイロンをかけました。

 

   

 

    

 

 

着ると縮んだ分ふわふわと気持ちよい肌触りになりました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

 

 

 

2019.01.09 Wednesday

携帯入れ・・・・何故かなくしてしまいます

以前編んだ携帯入れ、またまた紛失です。

 

   

 

 

       

 

スイカが使いよいようバンドまで付けましたがこちらも行方不明。

 

 

今度は紐を付けました。

 

     

 

しっかりバッグの紐に結び付けておきます。もうなくしません!!

2019.01.06 Sunday

褒められることが・・・

新年になったとたんに春らしい作品が編みたくなりました。

 

綿菓子のような糸があったので、早速編み始めましたが・・・・

 

  

 

ここまで編んだところで配色がいまいち気に入らなくなってきました。

ほどこうかそれともこの先の配色で変えていこうかと思っていたら

 

作品に日ごろ関心のない夫が、通りすがりに一言「春らしい色だね〜」

 

もうこれでやる気になってしまい、完成しました。

 

 

  

             

 

反省しました。

「おだてりゃブタも木に登る」ではなく褒められることはとても大切だと。

 

 

今回は裾をガーター編みで仕上げましたが、伏せ止めにすると伸び縮みがないので次のように止めました。

 

1.

 

  

2目に針を入れてそのまま引き出します。

 

 

2.

 

  

最初の一目を編むように針に移します

 

 

3.4.

 

    

移したまま最初のように、編み針の二目に並行に入れ針を引き出します。

 

 2,3,4を繰り返します。

 

             ガーター編みの止め方でした。

2019.01.02 Wednesday

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

             

                                   

 

  クリスマスリースに引き続き松飾も毛糸とベランダの松で作りました。

 

 

 

 

 

 

生徒作品

 

   

 

            

 

2018.12.24 Monday

編み納め

編み納めというほどの作品ではありません。

 

あまりにも毛糸保管場所がすごいので片付けようと…

入口の毛糸が「編んで下さい!」とどさっと落ちてきました。

 

     

 

コートの余りのムートンが残っていたので、室内履きを作りました。

 

  

 

   

 

 

          

 

 

       編み納めです。

       良いお年を!

 

 生徒作品

 

   

 

    

 

    

 

  

   

    


 
    

 

2018.12.23 Sunday

ネックから編むセーター、編みこみ模様で再び

夏にネックから編むセーターで編みこみをしましたが、セットインスリーブの編み込みセーターよりずっと簡単で早く編めるのでまた冬物で挑戦しました。

 

 

10月に編んだこのセーターふわふわで気持ちよく軽くてとても暖かいので・・・

    

・・・このセーターの残り毛糸で作りました。

 

 

 

 

私は両手の持ち方で編むので1段編む時間が普通のメリヤス編みと同じ時間で編むことができます。何回か練習するとすぐできるようになりますのでお試しください。

  

  

(持ち方にフランス式、アメリカ式などと名前がついていますが、歴史を調べるとイギリスの編み方とそれ以外の国の編み方という説が正しいような気がします。)

 

                        

輪編みの編み込みのつなぎもうまくできました。(2016年8月10日のブログに載っています)

        

 

前後ろの区別のためにタグ(革)を付けました。

 

  

 

 

 

 

生徒作品

 

     

 

   

  

 

 

 

 

2018.12.19 Wednesday

小さなクリスマスリース

教室でちょっと時間が空いた時、

そのような時は机の下の積まれた糸から何個か引っ張り出して小物を作ったりします。

 

可愛いクリスマスツリーができました

 

    

 

        

 

作り方は簡単で、好きな大きさの円をくさり編みで編み、その上にぎっちり細編みを編みます。その周りに変わり白糸を長編みで編みつけ、赤の毛糸でフレンチナッツの刺繍をします。

  ろうそくを作って付けました。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

2018.12.16 Sunday

もう一度挑戦 ネックから編むセーター

ネックから編むセーターでデザインがとても気に入っている作品があります。

      

 

 

でも太り気味の私にはもりもりして似合いません。

二つともお嫁に出しました。

 

でも諦められずもう一度挑戦しました。

今回は色を黒っぽくして、ラフゲージにしました。

それから編み方も変えました。

 

  

上は今までの編み方で、増やす目が一目から5目です。

下は一目から3目づつです。

 

出来た作品です。

   

   

 

今度は、大丈夫そう。

 

 

生徒作品

 

  

 

  

 

   

 

2018.12.12 Wednesday

来年の年賀状は・・・

毎年12月は年賀状用の干支を製作します、

 

12年前の作品はイノシシの子供ウリボーでした。

 

      

 

そのあと約12年間メジャー・ウリボウとして活躍してもらいました。

こんなによれよれになるまでこき使ってしまいました。

 

  右下の針はフェルト用ニードルです

 

新しく作ろうかと思いましたが、ちょっとかわいそうになり、メンテナンスしました。

 

  

 

もう12年頑張ってもらいます。

 

  

 

年賀状は先日編んだ家族人形と一緒に。

 

  

 

 

 

 

生徒作品

 

   

京都より

 

 

   

 

 初めての作品

 

 

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others