English
2019.04.14 Sunday

久しぶりにネックから編むセーター

ネックから編むセーターのコツを覚えてしまうともう簡単で...

また編んでしまいました。

 

今回はちょっと汚れた白の綿糸があったので、一部を藍染で染め、編み込みセーターにしました。

 

 

           

 

       

 

編み方はいつものように首回りの寸法を出し、ゲージをかけて目数を出します。

腕周り×2、バスト寸法を足した寸法にゲージをかけて目数を出し、20cm編む間に増やしていきます。

今回も基本的な柄を編みながら模様と模様の間(段)の部分で一斉に増やしました。

 

楽しくて、あっという間に編めました。

 

    

 

衿は伸びやすいのでくて最後に2色の鎖編みを交互に編みつけました。

 

     

 

 

 

 

 

生徒作品

 

 

 

2019.04.03 Wednesday

春のアストラカン風セーター

ここ数日寒い日が続いています。

 

・・・で、来年編もうかと思っていたアストラカン風毛糸を、取り出してきました。

毛糸はアストラカンの様にくるくるとカールしているのですが、風合いがとろんとしてて今着るのに気持ちよさそうです。

      

      

15号でザクザクとプレーンなセーターに仕上げました。

 

    

 

            

 

じかに着てもチクチクしないのでそのままでもよいし、下にブラウスを重ねても良いかなと思います。

 

 

 

 

生徒作品

 

  

 

  

                   ポーチ

                      

2019.03.24 Sunday

麻糸の斜行で・・・

先日かぎ針編みで麻糸の鉢カバーを編みました。

問題なくきれいに編めました。

 

夏用にとっておいた昨年の麻糸を引っ張り出し、カーディガンをあもうと編みだしましたが、棒針ではかなり斜行始めました。

途中ガータ編みを入れてみたのですが、メリヤス部分が下の写真のように斜行してしまいました。

 

  

 

ウエアーには無理と判断し、急遽クラッチバッグに変更しました。

強く斜行した部分を花の刺繍で隠しました。

 

 

                          後ろも

          

 

         

 

 

 

  裏を付けて完成

 

           

 

 

生徒作品

 

  

2019.03.17 Sunday

早春のジャケット

三寒四温の言葉通り、昨日からまた急に寒くなりました。

暖かい春のジャケットを編みました。

 

     

 

60cm四方をもとに寸法を作り、裏には薄いキルト綿を張り裏を付けました。

ポケットを付けると便利なので、脇とじのところに作りました。

キルト綿は返し縫でニットに取り付けました。

 

       

 

 

前のファースナーを付けるのに、以前クラスの方からいただいたT社の針を使いました。

硬いファースナーと柔らかい毛糸をスイーっと通して気持ちよくとじ付けることができました。

日本の職人さんのすごさをこんなところでも感じました。

 

  T  

 

生徒作品

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.13 Wednesday

麻糸の鉢カバー

つやのある麻糸が少しだけ手に入りました。

早速、昨年の展示会にいただいた観葉植物のカバーを作りました。

 

      

 

 

     

 

全体は長編みですが、途中、方眼編みを入れそこに民族テープを通しポイントを作りました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 

 
 

2019.03.10 Sunday

けなげに咲き続けるトイレのバラ

昨年の暮れにトイレに飾ったべランダのミニバラ。

2か月たっても花だけは奇麗に咲き続けていました。

 

     

 

何だか可愛くてセーターに刺繍しました。

 

  まずセーターを編み、

 

 溶けるシートに下書きをし、

 

     

 

               完成

 

根が出ているようなので小さな鉢に植えてみましたが育つでしょうか?

 

 

2019.03.06 Wednesday

編み物は自由自在

以前編んだこのセーター1・2回着たらモールがあちこち飛び出してきました。

 

    

 

着られないことはないのですが、直しながら着るには疲れるので思い切ってバッグにしました。

 

    

 

 

アシスタントの熊谷さん、お父様にベストを編みました。でもお父様、袖が付いたのがいいとおっしゃるので袖を付けました。

 

    

 

これはちょっと技術がいりますが、このようにニットはいろいろ変身できます。

だから「編み物は楽しい!」のです。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 初めての作品

2019.03.03 Sunday

格子柄のニット

ニットで格子柄を作る方法はいろいろあります。

いろいろ試していきたいと、まず色をミックスすることで出来る格子柄セーターを作ってみました。

 

 

色は5色です。

全体を2本どりにすることでそれぞれの色を微妙にミックスします。

 

   

 

 

    

 

 

 

 

生徒作品

 

  

2019.02.24 Sunday

横編みのセータ   

以前段染の糸で横編みのセーターを作りました。

ちょっと細く見えることと体になじむので着ている感じがないほど着やすいです。

 

もう1枚編みました。

この前の編み込みの技法を使って縦模様(横編み)にしました。

 

   

 

        

 

 

 

 

生徒作品

 

   

U社のカーディガンにダーニング用の糸で編んだブレードを縁取りました。

 

 

          

2019.02.20 Wednesday

小さな作品ですが・・・・(叔母の作品)

毎月訪問するホームの叔母のところに昨日行ってきました。

とても91歳とは思えないほど元気ですが、さすがセーターは大変と、今回は指なし手袋が2枚仕上がっていました。

 

  

 

             

 

ホームの90歳を超えた二人の方に贈るそうです。

手の大きさが違うので、大きい方は4目多く編んだそうです。

 

指なし手袋は指を曲げた状態で手の甲を図り、その寸法に10cmのゲージをかけて作り始めます。

親指の位置で3cmほかの糸で編みその糸の初めに戻ってもう一度毛糸で編んでいきます。

後でその糸を抜き取り上下に分かれた目を拾ってぐるぐる親指分を編んでいきます。

 

編み物ができると楽しいことがいっぱい増えます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

                        京都より

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others