English
2018.11.21 Wednesday

展示会、私の作品

今年の私の作品は前回と同様コートです。

 

今教えていて一番難しいことは、糸と編地のバランスです。

最近はたくさんの種類の糸が出回り、その糸をどういう編地を使ってデザインするかがとても難しいのです。

その為に沢山の糸と編地を経験することが大切と考えています。

 

このような理由から同系色の糸を使っていろいろな種類の糸と編地でコートを製作しました。

 

  

   

 

        

 

いろいろな糸を集めたらそれぞれの糸でスワッチを作っていきます。

 

例えばリリヤンの機械で編んでモヘア糸はこのようにイメージを作って形付け針でつなぎます。

 

     

 

 

後ろの丸いデザインは編地がモールの糸なので刺繍はしっかり和紙をおいて刺しました。

 

   

 

 

  アフガン編み                      クンスト編み

    

 

   

 

           

 

 

いろいろな編地がそろったら型紙の上で配置を決めていきます。

それぞれの伸び分が違うので、出来上がった作品はボディに2,3日かけておき補正しました。

 

裏は真冬の寒さに耐えられるようキルトの裏を付けました。

 

    

 

      

 

  

 

生徒作品

 

     

                   シェットランドレース

 

   

2018.11.14 Wednesday

段染糸を横編みで

先日編んだジャケットの残りで横編みセーターを製作。

段染糸なのであえて横編みにして、細く見えるようにしました。

 

        

      

         

 

ついでにマフラーも編みました。

 

  

 

先日編んだジャケットと一緒にアンサンブル風に

 

  

 

 

 

生徒作品

 

   

 

  

  同じ色の組み合わせなのに本数を変えただけで違った色に見えます。

 

2018.10.28 Sunday

刺繍を加えて新たに・・・・・

もうすぐ11月というのにまだニットの冬物、夏物の入れ替えが済んでいません。

 

長いこと着ていたこのオレンジのセーター、とても着やすく毎年愛用しています。

が、ちょっと飽きてきました。

 

    

 

 

 

刺繍をしました。

 

        

      

 

 

                今冬も着ます!

 

 

生徒作品

 

  

初めてのかぎ針(赤ちゃんおくるみと帽子)

 

 

 

2018.10.24 Wednesday

段染の糸を編む

茶系の秋らしい段染の糸が手に入りました。

フード付きジャケットにしてみました。

 

     

 

   

 

 

この段染糸はジャケットには細いので2本どりにしましたが糸の組み合わせを変化させてみました。

後ろ見ごろを編むときはきちんと同じ色でそろえて編みました。何となく強い感じがします。

  

 

       

 

前身ごろは2本の段染をちょっとずらしてみました。

 

       

 

  雰囲気が違い柔らかい感じになりました。

  

 

 

生徒作品

 

  

 

   

 

   

                    後ろ

2018.10.21 Sunday

軍手の人形の思い出

30数年になりますが、原宿でお教室をしていた時、生徒でお年を召した方が軍手で作られた「エアロビクスを頑張る」お人形をプレゼントしてくださいました。

そのごお亡くなりましたが、当時、お部屋を提供してくださったり、お友達をご紹介してくださったり、とても親切にしていただきました。

そのお人形も年数を経てボロボロになり、それを見るたび、毛糸でもう一度作り直そうと思っていました。

 

出来上がりました。

 

     

 

          

 

同じには出来ませんでしたが、作りながら当時のことを思い出し、いろいろな方に支えられながら今があることを深く思いました。

 

 

 

生徒作品

 

京都より

 

   

 

   

 

 

 

2018.10.14 Sunday

派手な色を配色で押さえる

きれいな赤の糸があります。

 

     

 

デザインを考えていましたが、赤がきれいすぎてなかなか決まりません。

思い切って落ち着いた茶色(段染)と縞にしてみました。

 

     

 

 

            

 

これなら着れそうです.

 

しかも・・・・

 

            

 

                 ・・・ たったの60gで出来ました。

 

 

生徒作品

 

   

 

  

 

2018.10.10 Wednesday

ポットホルダー

何年か前、教室の方が転勤になり九州に行かれました。

最後のお稽古日に、手作りのプレゼントをいただきました。

 

「鍋つかみ」でした。

タオルでできていてとても使いよく、それからずっとキッチンでこき使われました。

でもとうとう洗っても汚れが落ちなくなりました。

 

 

  

 

今日は朝からちょっとのんびりだったので、鍋つかみを編みました。

 

   

 

同じように土台はタオルで作り、手が入るようにしました。

 

   

 

 

 前のももちろんそのまま頑張ってもらいます・・・・ 

 

2018.10.07 Sunday

好きな毛糸を編みこむ

どんなセーターを編んだのかは覚えていないのですが、残り毛糸の中に気に入ったものがあり、ずっととってありました。

 

   

 

一つしかなかったので、大きな花を編みこんでみました。

 

    

 

    

                     裾は斜めに

 

前身ごろ、袖、後ろ見ごろを続けて一気に編み、最後に見頃、袖下を綴じました。

 

 

 

生徒作品

 

  

 

  

 

  

                 赤ちゃんおくるみ

 

   

 

 

 

2018.10.03 Wednesday

鋏のケース

 

先日、ヘンケル社、ゾウリンゲンの鶴のはさみセットをいただきました。

  

        

 

 

高価な鋏なので早速ケースを作りました。

 

     

 

刺繍はアイルランドの白糸刺繍マウントメリック刺繍です。(2008.08.31のブログに掲載)

    

   

 

       

                     小さい方も一緒に

 

生徒作品

 

    

 

2018.09.30 Sunday

これもネックから編んでいます

白と黒の変わり糸があったので、シャネル風カーディガンを編みました。

でも、これもネックから編みました。

 

   

 

    

 

周りの黒の変わり糸はミシンで押さえました。

少しだけビーズも付け加えました。

 

きちんとしたセットインスリーブも良いのですが、

上から編むセーターの方法は計算だけでできるので気軽に取り組めます。

 

 

生徒作品

 

  

   江戸打紐糸で編んであります。

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others