English
2019.02.20 Wednesday

小さな作品ですが・・・・(叔母の作品)

毎月訪問するホームの叔母のところに昨日行ってきました。

とても91歳とは思えないほど元気ですが、さすがセーターは大変と、今回は指なし手袋が2枚仕上がっていました。

 

  

 

             

 

ホームの90歳を超えた二人の方に贈るそうです。

手の大きさが違うので、大きい方は4目多く編んだそうです。

 

指なし手袋は指を曲げた状態で手の甲を図り、その寸法に10cmのゲージをかけて作り始めます。

親指の位置で3cmほかの糸で編みその糸の初めに戻ってもう一度毛糸で編んでいきます。

後でその糸を抜き取り上下に分かれた目を拾ってぐるぐる親指分を編んでいきます。

 

編み物ができると楽しいことがいっぱい増えます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

                        京都より

2019.02.17 Sunday

スヌード

今年の冬は女性のみならず男性もスヌードが流行っています。

先日、男性が数十センチもあるようなスヌードをしていてびっくりしました。

暖かそうだったので私も負けずに作りました。

 

   

これは外側を、モールのかぎ針編みの玉編みで作り、内側は肌触りの良いフェイクファーをメリヤス編みで作りました。

 

 

    

 

            

 

こちらは細いモヘアを2重に編み、中に綿を入れ、ところどころ丸い玉をブドウのように作りました。

2枚とも輪にしなかったのは実際に着用するときに頭からかぶると髪の毛がぼさぼさになるのでボタンとブローチで止めるようにしました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

  ママとおそろいで

2019.02.10 Sunday

雪がチラチラ,慌てて編みかけのセーターを仕上げました。

先日春を待つセーターを編んだばかりなのに、また急に寒くなりました。

フェザーヤーンを使ってネックから編むセーターを完成させましたが……

 

    

 

     

時間がたつにつれ下に伸びてきて着丈、袖丈ともに長くなってしまいました。

 

直しました。

 

   

 

衿にはひもを通し、袖もキルト風にし、裾は裏から千鳥掛けで短くしました。

 

  

                         裏側

 

生徒作品

 

 

  

子供ジャンパースカート

 
 
 
 
 

2019.02.06 Wednesday

機械編みの靴下

以前、2013年4月10日、2017年11月1日、19日に靴下の編み方を掲載しました。

その時いろいろなかかとの編み方をご紹介しましたが、ドイツ式はありませんでした。

最近ネットでこのかかとを見かけるので試してみましたが昔やったような・・・・

思い出しました。機械編みの靴下です。

 

機械で編んだ靴下

 

 

 

    

 

手編みでもう一度挑戦してみます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

   

                                京都より

2019.01.27 Sunday

春を待つセーター

冬ものばかり編んでいたら、春のセーターが編みたくなりました。

以前から気になっていた、ピンクベージュの糸が手に入ったので、羽のような糸を組み合わせて編みました。

 

     

 

    

 

 

生徒作品

 

   

2019.01.20 Sunday

直線編みセーターの袖幅

編みこみ模様のセーターを作りました。

 

    

 

今回は二つの点を試してみました。

 

1.編み込む糸に段染糸を使う。

2.袖幅の寸法の変更

 

1は、編み込む模様をワンパターンにしただけなのに複雑に見え、多色編み込み模様のような結果になった.(成功!)

2は、最近正方形に編んだセーターの袖がデザイン的に狭く感じるので、下図のように肩からの袖付け寸法を20cmから22cmに変更。

 

失敗でした。ゆとりがありすぎてたるんでしまいました。

そこで袖付け部分にひもを通してギャザーを寄せました。

これで何とか解決。次回は21cmで試してみます。

 

  

 

 

生徒作品

 

  

2019.01.16 Wednesday

古いカシミアのセーターをバッグに

最初はピンクのカシミアセーター。

何年も着て、色あせてブルーに染め、刺繍をし、

でも縫い目が避けてきて…

 

でも捨てられなくてバッグにしました。

 

      

 

 

      

 

        

 

防水してある裏布を付けて・・・エクササイズ用のバッグになりました。

 

 

  

生徒作品

 

  

   リバーシブルです。

2019.01.13 Sunday

アイロンで縮む糸を使って

 

アイロンの蒸気で縮む糸が手に入りました。

 

   

 

 

縮む糸を使用するとき大切なことは、しっかり蒸気アイロンをかけてから目数を数えることです。

縮むと数えにくくなるのでに決まった目数、段数に印を入れておくとよいです。

 

出来上がった状態です。(まだアイロンをかけていません)

 

   

 

 

蒸気アイロンをかけました。

 

   

 

    

 

 

着ると縮んだ分ふわふわと気持ちよい肌触りになりました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

 

 

 

2019.01.09 Wednesday

携帯入れ・・・・何故かなくしてしまいます

以前編んだ携帯入れ、またまた紛失です。

 

   

 

 

       

 

スイカが使いよいようバンドまで付けましたがこちらも行方不明。

 

 

今度は紐を付けました。

 

     

 

しっかりバッグの紐に結び付けておきます。もうなくしません!!

2019.01.06 Sunday

褒められることが・・・

新年になったとたんに春らしい作品が編みたくなりました。

 

綿菓子のような糸があったので、早速編み始めましたが・・・・

 

  

 

ここまで編んだところで配色がいまいち気に入らなくなってきました。

ほどこうかそれともこの先の配色で変えていこうかと思っていたら

 

作品に日ごろ関心のない夫が、通りすがりに一言「春らしい色だね〜」

 

もうこれでやる気になってしまい、完成しました。

 

 

  

             

 

反省しました。

「おだてりゃブタも木に登る」ではなく褒められることはとても大切だと。

 

 

今回は裾をガーター編みで仕上げましたが、伏せ止めにすると伸び縮みがないので次のように止めました。

 

1.

 

  

2目に針を入れてそのまま引き出します。

 

 

2.

 

  

最初の一目を編むように針に移します

 

 

3.4.

 

    

移したまま最初のように、編み針の二目に並行に入れ針を引き出します。

 

 2,3,4を繰り返します。

 

             ガーター編みの止め方でした。

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others