English
2019.06.26 Wednesday

Tシャツセーターはまだ続きます。

 

    

 

 白とベージュのツートンカラー。

中央にいるのは・・・・・

 

 

 ➡ 

                             僕です。

 

   

 

 

生徒作品 

 

    

 

      

 

2019.06.23 Sunday

夏の携帯入れ

気が付いたら毛糸で編んだ携帯入れを使っていました。

 

夏バージョンに変えました。

 

   

 

 

スイカを携帯で使うので表は夏糸一本どりでネット編みにしました。

裏側は3本どりで長編みで編みました。

フェルトのボンボンを飾りボタン代わりにしました。

 

簡単なかぎ針の長編みとネット編みで、便利グッズがすぐできてしまいます。

 

 

 

生徒作品

 

  

2019.06.19 Wednesday

線書き刺繍のセーター

既製品のブラウスに描かれた線書きの模様が素敵だったので、ニットにも良いかなと作ってみました。。

 

  

 

これもTシャツニットです。

模様を線書きの様にして大きな花をイメージしてさしました。

ニットの素材は和紙仕立ての夏糸です。

 

  

 

 

 

 

 

生徒作品

 

  

 

  

 

 

2019.06.16 Sunday

麻糸集合!  その2

先日麻糸を集めてバッグを編みました。

まだたくさん残っているのでスリッパを作ってみました。

 

     

 

 

 

底はスズランテープを芯にして麻糸でくるみながらぐるぐる編みます。

 

     

 

底がしっかりするように中敷き(冬用)を使いました。

 

     

 

中敷きと編地を縫い糸でしっかり綴じ合わせます。

 

    

 

   

   起毛したほうを外側にして床にやさしくしました。

 

あとはモチーフ編みで仕上げました。

 

   

 

足裏を麻が気持ちよくフィットしてくれ、これは夏にお勧めです。

 

 

生徒作品

 

  

 

  

 

2019.06.12 Wednesday

気になる模様のセーター

以前から気になっているセーターがありました。

ボーダーが途中でtwistしているのです。

じーっと眺めていたら・・・わかりました!

 

梅雨に入り涼しくなったので急いで仕上げました。

 

 

  

 

   

  後ろ

 

 

twist の方法

 

ボーダーの途中(位置はあらかじめ決めておく)で右側の目を二目一度する。すぐに左側の目を一目増やす。(シンカーループを引き上げる方法)

次の裏編みの段でまた減らして増やすが前に増やしたところは裏編みで編み、その次のシンカーループを増やす。

何回か増やしたら最初の方法に戻る。今度は減らし目と増し目を左右反対にする。

2回目は1回目より早く戻る。3,4回目も同じく段数を少なくしていく。

これを繰り返す。

 

生徒作品

 

  

 

  

 

2019.06.09 Sunday

余ったモチーフで・・・・・

時々余分に編んでしまうモチーフをまとめておきます。

今回はモチーフをアームカバーにしてみました。

 

   

 

だんだん日差しが強くなり手の甲や腕の日焼けが気になり始めました。

まだ真夏でないのでちょっと厚みのあるモチーフを繫げて作ってみました。

 

      

 

 

       

   親指止め            手の平側

 

 

 

生徒作品

 

   

 

 

2019.06.05 Wednesday

これもTシャツニット

ことしはTシャツニットにはまっています。

編むのも着るのも楽だからです。

 

でも少しでもオシャレに着たいのが目的なので、いろいろ工夫しています。

 

今回は袖にポイントを置きました。

身頃は長方形(自分に合った長さと幅)、袖は幅を60cmにしました。

理由は

 

   

 

 

  

 

袖に大きなスモックをしました。

 

     

 
 素材は細い麻糸で4本どりにしました。

裾のネット編みはリリヤンの機械で紐を作って編みました。

 

生徒作品

 

  

 

 

2019.06.02 Sunday

生徒作品 (前の記事の続き)

生徒作品

 

  

 

  

 

 

2019.06.02 Sunday

細編みで編む帽子

夏が近づいてくると帽子を編む方が増えてきます。

以前、細編みの帽子の編み方をご紹介しましたが、初めての方のためもう一度書き記したいと思います。

 

 

1.自分のかぶりたい帽子の頭周りを図る。(これは耳を通って頭の周りを図る)

2.1段目は 鈎針の細編みで輪の中に6目つくる 

3. 2段目から毎段6目ずつ増やす

そのまま平な円を編み円周が頭の寸法になるまで増やすが1段増やさない段を編み最後に頭周りの寸法にする。

4. そのまま増減なしでかぶりたい寸法(頭頂から18cくらいが標準)まであむ。

5.最後につばの広さを好みの長さになるまで6目ずつ増やす。 これでだいたいの形ができます。 

 

注意点:増やし目が筋になりやすいのでで5段目くらいからは6か所に印をつけておきその中で自由に位置を変えて増やすときれいです。 立ち上がりの引き抜きの方法はしない方が傷が見えずきれいに編めます。 この場合、ぐるぐる編むので出発の場所には必ず印を入れます。 

 

 

 

 

この帽子の糸は以前編んだエアリーな糸なので、たたんでもすぐ元に戻ります。

 

   

 

 

 

 

 

2019.05.29 Wednesday

Tシャツセーター 胸に窓

前回のTシャツセーター、衿にモチーフを付けて手づくりの味わいを出しましたが、今回は胸に窓を開けて涼しくしてみました。

 

  

 

 

     

 

 初め、ハーダンガー刺繍をはめ込むつもりでしたが、編み糸に凹凸があるためうまくいきませんでした。

そこでハーダンガーの生地の糸を4本づつ抜いて格子状にし、編み糸でかがりました。

 

ニットは最初に穴が開くように編んでおき、裏からこのハーダンガー生地を貼り刺繍をしました。

 

 

 

生徒作品

 

   

 

   

テーマは同じですが、左はリボン刺繍、右はメリヤスステッチで刺繍しました。

 

   

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others