English
2019.04.17 Wednesday

こんなエジングもあります。

ふつうエジングというとかぎ針や棒針で編みつける方法がほとんどですが、本体の編み目を利用して作る方法があります。

 

  

 

 

 

  編み方

 

  

1.土台が編みあがったところ            2.巻き目をします。

  

 

3.今回は4目巻き目をしました。        4.その目をメリヤス編みで3目編みます。

   

 

 5. 4目めと本体1目めを裏編みで二目一度にします。 

 

  

 

その目をまた左の針に移します。

これを繰り返していくと最初の写真のようなエジングになります。

 

 

 

前に編んだセーター袖が長くなってしまいました。

 

     

 

袖を切り上の方法でエジングをしました。

 

  

 

 

月曜クラスのOさんの衿周りのエジングもこの方法でしました。

 

 

 

 

 

 

生徒作品

 

 


 

2019.04.07 Sunday

リメイク その3

衣替えをきっかけに着ない作品の手直しをしています。

 

このコート、配色はとても気に入っていますが、小さい私には丈が中途半端なのと、白の部分が宙に浮いた感じになっています。

 

      

 

 

 

一番下の部分を取りました。

後ろにタックを入れ白の部分が浮かないように上部に染め塗りをしました。

 

 

   

 

             

 

 

 

               

 

今の季節役に立ちます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

   

 

    

 

  

 

2019.03.31 Sunday

リメイクその2

前回に引き続きニットのリメイクです。

 

裏にラムを取り付けたコート、重くて取り外しました。

 

    

 

コートの材質が薄地なのと裏に糸が沢山渡っているので、思い切り裾を切って春のカーディガンジャケットにしました。

始めほどいていたのですが、糸が絡まってしまい鋏を入れました。

 

  

 

 

 

 

 

      

                 裏も付けました

 

生徒作品

 

   

2019.03.27 Wednesday

作品のリメイク

 

少しずつ冬物作品と春物作品を入れ替え始めました。

これを機会に着られないものをリメイクしていこうかと思います。

 

第一弾はこのセーター。数十年前に作ったものですが、綿糸なので黒の部分が白茶けてきて着なくなってしまいました。

 

 

 

 

肩掛けカバンに変身しました。

 

       

 

こんなことも楽しくて・・・まだモチーフの部分があるので何にしようか考えています。

 

 

生徒作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.20 Wednesday

心配しても・・・・・

昨日は老人ホームの叔母の訪問日でした。

楽しみに待っていてくれて、今回もマフラーを仕上げていました。

 

     

 

端を通すループも作ってあり、いつもいろいろ工夫をします。

 

何年もこのホームを訪ねていると自分の老後を考えさせられます。(充分もう老後ですが・・・・)

人の数だけ全部違う老後があるわけでこうしたいと思ってもその通りにはなりません。

考えた結果がいつも「今を楽しむことしかないか〜」ということで・・・・編み物になるのです。

 

 

生徒作品

 

    

 

   

 

 

 

  

 
 

 
 
 

2019.02.27 Wednesday

ワンピースを着やすく

毎日暖かく重宝しているニットのワンピース。

着替える時、首の部分がきっちりしているので大変です。

 

     

 

改造しました。

 

   前襟ぐりにジグザグミシンを往復させ・・・

 

   そこに鋏を入れて切り・・・

 

   細編みで整えボタンのループを作りボタンを付けました。

 

   

 

これでゆったり着れます

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 

 

 

2019.02.13 Wednesday

ブログの本を今年も作りました。

毎年、前年1年分のブルグを本にまとめています。

今年も作りました。

 

  

 

昨年で一番印象に残るのはやはり暮れに行った展示会です。

 

   

 

展示会用にリレーで「シルクロード」も編みました。

 

 

 

今教室に飾ってあります。

 

 

 

    

                    

生徒作品

 

  

                   (小学5年)


 

2019.02.03 Sunday

伝統と斬新さ

これは何でしょう?
 

   

 

 

 

                

 

ミトンでした。

 

      

 

このミトン,日本在住ドイツ人のケストラーさんのデザインです。

 

私が編み物を始めた当時、編み物の基本を厳しく教えられました。

ファッションショーに出す作品は,部屋中にスワッチが溢れていたことを思い出します。

その基本は体で覚えてしまっていてそこから出るのがなかなか大変です。

 

でもこのミトンを見つけて自分の中で「目からうろこ」でした。

 

これは夜教室の方が編みたいと持ってこられたのですが、その時は これがミトン? でした。

編んでいくうちにケストラー氏の思惑が理解できた気がしてどんどん進んでいきました。

頭の中にいろいろなアイディアが浮かんできてワクワクしてきました。

 

伝統、そして斬新なデザイン、融合させることが私の課題かなと感じます。

 

 

生徒作品

 

   

 

   

 

 

2019.01.30 Wednesday

creature comoforts

先日、月クラスの方が何やらアイパッドにペンシルで書いています。

「何してるの?」「模様を作っています。」

見ると見事に編みこみ模様を作り出しています。

 

1週間後、その模様で編んだ帽子ができてきました。

 

   

 

いつも私は仕事をしながら、今の時代を生きていることがとても幸せだな〜と思っています。

何故なら昔は全く想像もできなかった夢のようなことができるようになったからです。

 

今こうしてブログを書くことができるのもパソコンという魔法のような箱、特に私にとってイラストレーターは製図から編み図書きまで計り知れないほど多くのことをしてもらっています。

 

先日会話の先生にこのお話をしようと思い、こう言ったものを何というのかなとお聞きしたら

 

    「creature comforts]

 

とお答えをいただきました。

家に帰って辞書で調べたら、洗濯機や冷蔵庫などの様に衣食住に安楽を与えるものとありました。

これからも creature comforts を頑張って取り入れていきたいです。

 

 

生徒作品

 

    

                  京都から

2019.01.23 Wednesday

マフラーをもっと暖かく

この冬はまだ厳しい寒さになっていませんが、昨年使わなかったマフラーを暖かくしてみました。

 

  

これはモールで編んだマフラーですが、まだ一度も使っていません。

 

 

 

裏に、余っていたラムの毛皮をはりました。

 

 

 

このマフラーには、100円ショップのフリースを付けました。

 

         

 

寒い風が吹いても大丈夫。

 

 

生徒作品

 

   

 

 靴下

 

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others