English
<< ビーズでボトルカバー | main | 面白いセーター >>
2011.08.06 Saturday

Prayer Shawl 陸前高田の老人ホームへ

昨日(8月5日)、教室の助手、渡邉と共に陸前高田にある老人ホーム「高寿園』にショールを届けてきました。
 新幹線で一ノ関まで、そこから大船渡線で気仙沼へそこからは線路が津波で寸断され不通のためタクシーで陸前高田の「高寿園」に無事、夏用ショール21枚を届けました。
 このホームは唯一高台にあったため流されなかったものの 100人の高齢者のほかに、800人の被災者を受け入れました。
 園のスタッフは1人も死なせないと部屋割、食事と懸命に頑張り、今月27日までに被災者800人全員を仮設住宅に送りました。
 今までは被災者に送ってきたショールですが、このような環境で必死に頑張ってきた高齢者やスタッフにも皆さまからの温かいショールでほっとしていただけたらと届けました。

                      陸前高田 001   「この色大好き・・・」  


       陸前高田 002                      
                                                                                            「私もこの色・・・・」                            陸前高田 003  「3人仲良く」

担当の方はショールのプレゼントに「このような素晴らしい作品を編むのにどんなに大変だったことでしょう」と言われ、こちらも嬉しくなりました。
 園長の柴田様たちの御見送りを頂き園を後にしました。
 

       陸前高田 004  陸前高田 005


帰途、家を流されてしまい家族と避難生活をしているタクシーの運転手さんが被災跡を回ってくださいました。
陸前高田側はだいぶ整理されてきて、現場も活気が感じられました。
 
                   陸前高田 006  
            陸前高田 007
          陸前高田 008唯一残った一本松
 



しかし気仙沼に入るとまだ家も解体されておらず、これからまだまだ大変と感じました。
 
    陸前高田 009  陸前高田 010

尚、目的地に到着するのにタクシーの運転手さんは地図の無くなってしまった街を走ることになり、
また現地の人はいないので道を聞いても分からず大変ご迷惑をかけてしまいました。
心より感謝申し上げます。
 
8月は教室はお休みになっていますが、今回のショールは8月いっぱい受け付けます。
19日より29日まで恒例の手芸旅行に出かけます。
それ以前かそのあとに送っていただけると嬉しいです。
コメント
TITLE: SECRET: 0 PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456 先生、みんなの想いを届けてくださり、ありがとうございます。 余震が続くとはいえ、日常生活を取り戻している私たちにとって まだまだ継続した支援が必要なんだなと痛感します。 これからも一人一人ができることをしていくことが大切ですね
  • kumi
  • 2011.08.08 Monday 16:29
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others